Gメールの新アカウントの作り方!名前は本名じゃないとダメ?

2017-09-25

こんにちは、未唯です。

アドセンスブログを始めるためにまず用意してほしいのがメールアカウントです。

これからツールやソフトを使うのにいろんなサービスに登録していきます。

その時に専用のメールアカウントがあったほうが管理が楽ですし、重要なメールを見逃すこともなくなります。

ビジネスで必要なメールアカウントの取得方法についてお伝えしていきます。

ビジネス用のGメールアカウントを取得する理由

アドセンスブログに限らず、アフィリエイトを始める上でまず必要なのがメールアドレスです。

「もう持っているよ」なんて声が聞こえてきそうですね。

でも、それはネットビジネス用のアカウントですか?

会社で働いていると自分専用の会社のメールアドレスをもらうことありますよね。

@の下が社名になっていたりするものです。

 

あなたは会社のメールアドレスを使って友達とやりとりしたり、ネットショップに申し込んだりしないですよね。

それと同じで、ネットビジネス用のアカウントはプライベート用とは分けておくべきです。

 

サーバー会社やドメイン会社、ASPなどネットビジネスを始めたらたくさんのサービスにメールアドレスを登録するようになります。

例えば、

「ドメインの更新案内メールが他のメールで埋もれて気づかなかった!」

「期限が切れていつの間にかサイトが開けなくなっちゃった!」

なんてことにならないように、大事なメールはきちんと管理しておきましょう。

片付け上手、整理整頓上手は成功者に近づく第一歩ですよ。

 

Gメールのアカウント作成方法と注意点は?

ネットビジネス用のアカウントですが、無料で使えるもので構いません。

定番なのはYahoo!メールGmailですね。

私はそれぞれにメリットを感じているので両方持っていますが、片方だけでも大丈夫です。

 

どちらかを選ぶなら管理がしやすいGmailをおすすめしておきます。

※Googleアドセンスの審査を受けるにはアカウントが必要になります。1つも持っていない方はアカウントを作っておきましょう。

まずGoogleのトップページを開きます。

右上の「Gmail」のリンクをクリックしましょう。

アカウント作成のページが出てきますので必要な項目を入力します。

別のメールアドレスは何かあったときの本人認証などに役立つので設定しておくといいですよ。

メールなら何でもいいのですが、私は同じGmailメールの別アカウントを設定しています。

 

Gメールアカウントを持っているときの新規取得方法は?

私のようにプライベートでもGmailを利用している場合には、GoogleトップページのGmailリンクを押すと「アカウントの選択」という画面が表示されます。

その中に「別のアカウントを使用」という項目があるのでクリック。

「アカウントを作成」を押すと、必要項目の入力画面になります。

 

Gmailアカウントは本名じゃないとダメ?ハンドルネームは?

意外と気になるのが登録情報は正しいものでないといけないのか。

規約を見ると分かるんですが、実はGmailの利用規約では入力した情報が正しいものであることは触れられていないんです。

※規約変更の可能性もあるので、必ず確認してくださいね。

当たり前だから書いていないだけ?

今はGoogleに限らずかなり細かいことまで規約に書かれています。

例えば、消しゴムなんかでも「食べ物ではありません」なんてちゃんと書いてありますよね。

だからGoogleが規約に載せ忘れたなんてことも、当たり前だから書いていないなんてことも考えられない。

Googleアカウントと紐づけて使えるGoogle+というサービスの説明にも「本名をおすすめ」と記載されています。

つまり、Gmailの名前が本名であることは義務ではなく推奨です。

念のためにフォーラムでも確認しましたが、ニックネームやハンドルネームも可能との回答がありました。

あんまりにもふざけた名前じゃなければ大丈夫です。

 

ここでちょっと疑問が。

「だったら生年月日や電話番号も別の数字を入れることができるんじゃないの?」

確かにできそう。

でも、これはあとでトラブルになる可能性があるのでやめておきましょう。

フォーラムでは「生年月日を間違えたから変更したい」という問い合わせがあまりにも多かったんです。

 

氏名や連絡先なら結婚や引っ越しで変わることもあるから間違えるのは分かるけど、生年月日が変わることなんてそうそうないですよね。

だから一度登録した生年月日を変更するって大変なんですよ。

「変えたい」という人が多いということはそれだけ不都合があったということ。

後々の手間を考えて正しい情報を入力しておきましょう。

 

必要事項を入力して完了するとこんな画面が出てきます。

規約に同意するとこのように完了ページに移動します。これでGmailアカウントの取得ができました!

移動すると下の方に利用できるGoogleサービスも出てきます。利用できそうなのもあるので余裕があれば使ってみてもいいかもしれませんね。